Japan Association of Sound table tennis

日本視覚障害者卓球連盟 Japan Association of Sound table tennis

sosi 



ご挨拶

令和6年~7年度の2年間、会長に決定していただきました札幌市の保坂正勝です。
微力ではありますが、またこれまでどおり精いっぱい務めさせていただきたいと思います。

ここに、今年度の新役員を紹介いたします。
令和6年4月1日 令和7年3月31日

  • 会   長: 保坂 正勝(札幌市)
    副 会 長: 藤枝 文江(茨城県)
    事 務 局 長: 山﨑 道子(さいたま市)
    財 務 部 長: 中山 洋子(さいたま市)
    審判部部長: 藤本 成子(大阪府)
    競技部部長: 藤枝 文江(茨城県)   
    広 報 部 長: 村井 正治(三重県)
    監   査: 穴原 正子(東京都)  
    相 談 役: 関  良介(新潟県)

役員一同、力を合わせて連盟活動に邁進してまいりたいと思いますので、どうかご協力よろしくお願いいたします。

  • ブロック委員
    北海道: 鳥羽 晶幸(とりば あきゆき)北海道
    東 北: 長澤 源一(ながさわ げんいち)秋田県
    関 東: 森住 純一(もりずみ じゅんいち)茨城県
    関 東: 久保 好子(くぼ よしこ)千葉県  
    北信越: 小坂 雅博(こざか まさひろ)石川県
    東 海: 伊藤 雅彦(いとう まさひこ)三重県  
    近 畿: 寺田 建男(てらだ たてお)大阪市  
    中 国: 末本 恵美子(すえもと えみこ)山口県
    四 国: 平子 浩 (ひらこ ひろし)愛媛県
    九 州: 宇原 宏 (うはら ひろし)長崎県


日本視覚障害者卓球連盟について

発足とこれまで
日本視覚障害者卓球連盟は、視覚障害者卓球を愛好する仲間によって、平成8(1996)年に日本盲人会連合スポーツ協議会の下で準備会として始まり、平成10(1998)年に正式に連盟として発足しました。

発足後、卓球(通常の卓球で、主に弱視者)とサウンドテーブルテニス(ルール改正前は盲人卓球)の普及、発展に努めております。

当初は競技者の集まりで、全国各ブロックにブロック委員、都道府県に担当委員という仕組み作りを行い、全国の競技者がまとまって意見を出し、活動を起こせる基盤作りに努めました。

次いで連盟として旧盲人卓球ルールを見直したサウンドテーブルテニスルールをまとめ、平成14(2002)年から施行しました。
現在は、2019年改正のルールを志向しています。 

連盟の構成メンバー
この連盟は登録会員、公認審判員、賛助会員によって構成されています。

*登録会員は、日本視覚障害者団体連合の会員であって、連盟に個人登録した人をいいます。

*公認審判員は、連盟が開催する各種審判講習会を受講し、資格を取得後に連盟に登録された審判員をいいます。

*賛助会員は、連盟活動を支援しようと参加された人をいいます。

  • 事務局
    〒337-0053
    さいたま市見沼区大和田町2-773-3 山崎方

https://jatvi.com/index.php?vtr-1

  • 電話
    090-4828-2342



powered by HAIK 7.6.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional